24
11月

11月食育活動~和食の日・出汁の試飲~

今月24日は和食の日。ということで、今月は和食について知り、和食の柱である❝出汁❞の試飲を行いました。

ねらいは【和食の日を通して日本の伝統的な食文化を見直し、和食文化の保護や継承の大切さについて考える・また、日本ならではの出汁を知り、香りや味を楽しむ】です。しかし、1・2歳児さんには難しいので、今回は、和食って何かな❔出汁って何かな❔バランスの良い和食で元気な体を作ろう!ということが楽しくわかるように簡単にお話ししながら進めました。

まずは、みんなの住んでる日本のごはんのお話。和食って、栄養素のバランスが抜群で世界でも注目されている食事なんです!

つぎは、出汁って何かな❔という事をスケッチブックシアターで楽しくお勉強!どうしたらお子さんたちが出汁を理解できるかな❔と悩みながらお話しを考え、手作りで作ってみました。

さぁ、本物の昆布・煮干し・鰹節を触ってみよう!わぁ、昆布ってこんな形なんだー!

煮干しってどんな匂いかなー?

ではでは、3種類の出汁を飲んでみよう! うーん、いい匂い!


ほら、みてみて! ぜーんぶ飲んじゃった!かつおだし、おいしい!

うーん、煮干しと昆布だしはあんまり・・・

同じ出汁でもこんなに違うんだ~と、みんなちゃんと味わっていました。
その後、この出汁が栄養士さんの魔法でとーっても美味しい給食に変身!
自分たちで体感したあとだったので、とても意欲的に食べていました。

和食で元気もりもりになりましょう☻

TOP